ドイツ 各州データ保護当局、企業ウェブのクッキー利用について監視強化の動き

OneTrustクッキー同意管理バナーの購入はこちら

新着記事

カテゴリー

 

ドイツ当局がクッキーなどの利用について企業を調査

ドイツ各州のデータ保護当局が、8月末以降、企業ウェブサイトにおけるクッキーその他のユーザー追跡技術(以下「クッキーなど」)、外部マーケティングサービス、位置情報サービスなどの利用について、企業に調査票を送り、記入を求めていることがわかった。このような動きは、クッキーを利用する企業ウェブサイト管理者の責任を広範に認めたCJEUおよびBGHPlanet49判決を受け、今後、当局が企業ウェブサイトにおけるクッキーなどの利用について、取締りを強化していく前触れと考えられる。

 

質問票の内容

企業に送られた調査票で質問されている項目の概要は以下の通り。

  1. 利用しているクッキーなどを含むマーケティング向け技術の内容
  2. ウェブサイト管理者以外の第三者に開示されるデータの内容
  3. ウェブサイトに埋め込んでいる(エンベッドしている)第三者サービスの内容
  4. 利用しているデバイス・フィンガープリンティング技術の内容
  5. クッキーなどを利用する場合の適法根拠(同意、正当利益?)
  6. 同意取得に先立って利用者に提供している情報の内容
  7. 同意を取得するタイミング、方法、同意取得を記録しているかどうか
  8. クッキーなどを利用して取得したデータの処理に第三者を利用しているかどうか
  9. 利用者が同意を与えない場合の影響(サービスを利用できないなど)
  10. 利用者に対して同意を撤回することができることを情報提供しているか
  11. 利用者に提供している同意撤回方法(ウェブサイトの設定変更、メール、フォーム、第三者への申告、その他)
  12. 利用者が同意を撤回した場合の影響(サービスを利用できなくなるなど)
  13. 16歳未満の年少者がウェブサイトを利用しているか
  14. 16歳以上の利用者だけに向けられている場合、これを確保する方法
  15. クッキーなどの利用についてDPIAを実施しているか

ドイツでウェブサイトを運営する企業は遵守対応に注意が必要

これらの質問項目は、そのまま監督当局が考えている取締りポイントであると考えられる。ドイツ向けに商業目的のウェブサイトを運営する企業、とくに消費者向けのウェブサイトを運営する企業は、注意が必要である。

 

バーデン=ヴュルテンブルク州当局の報道発表:

https://www.baden-wuerttemberg.datenschutz.de/laenderuebergreifende-datenschutz-pruefung-sind-tracking-technologien-auf-websites-von-zeitungs-verlagen-rechtskonform/

Open Knowledge Foundation Deutschlandに掲載された質問票の例(ラインラント=プファルツ州のもの):

https://fragdenstaat.de/anfrage/landerubergreifende-datenschutz-prufung-zu-tracking-technologien-5/

 


  • 新規CTA
  • Bizrisブログ

ブログ購読

人気e-Book

  • Cookie Japan

    クッキー規制対応e-Book2冊が含まれています。
    座談会 クッキー・プライバシー保護規制対応の最前線 ~デジタルマーケティングが直面する課題と現実的対策~ 第1部&第2部

  • OneTrust Specs&Function

    OneTrust 仕様・機能詳細

グローバルなクッキー規制対応を
OneTrust × IIJで簡単・迅速・低価格に実現

ライセンス料は月額4,800円から
豊富な無料マニュアル・ガイドがあるから自社だけで導入・運用が可能

Hero